WEBM SWF 変換 - ビデオファイルをオンラインで変換する

x
変換結果:
# 出力ファイル ソース・ファイル オペレーティング

ステップ:

1. 「FILE」或いは「URL」をクリックして、ローカルファイル或いはオンラインファイルに切り替えます。[ファイルの選択]ボタンをクリックして、コンピュータ上のファイルを選択するか、オンラインファイルのURLを入力します。ファイルサイズの制限が200 mです。

2. ターゲットフォーマットを選びます。ターゲットフォーマットがMP4AVIFLVMPGMKVWMVM2TSWEBMASFMOVM4VRMVOBOGVまたはGIFなどでもいいです。

3. 「今すぐ変換」をクリックして変換し始めます。もし、変換が失敗したら、この変換器が自動的に他のサーバーに変えて、リトライ提出するのでしばらくお待ちください。出力ファイルは「変換結果」セクションに表示されます。 をクリックすると、ファイルの二次元コードを表示します。或いはファイルをGoogle DriveまたはDropboxに保存します。

WEBMとSWFを比較します:
WEBM SWF
フルネーム HTML5 video Small Web Format
拡張子 .webm .swf
MIMEタイプ video/webm, audio/webm application/vnd.adobe.flash-movie
開発者 Google Adobe Systems
種別 メディアコンテナ ベクトルグラフィックアニメーション
前書き WebM(ウェブエム)は、Googleが開発しているオープンでロイヤリティフリーな動画のコンテナフォーマット。従来のそうした映像コーデックTheoraに代わって、YouTubeに用いられるために特に映像コーデックのVP9は改良されてきた。その後続のVP10はAOMedia Video 1 (AV1) へと統合された。 Adobe Flash(アドビ・フラッシュ)は、アドビシステムズが開発している動画やゲームなどを扱うための規格。元の開発会社はマクロメディアで旧称はMacromedia Flash(マクロメディア・フラッシュ)。競合としては、Microsoft Silverlightがあったが、両社とも現在はHTML5を推奨している。
相関プログラム VLC media player, MPlayer, K-Multimedia Player, Mozilla Firefox, Opera, Google Chrome, FFmpeg. Adobe Flash, After Effects
例示ファイル sample.webm sample.swf
知恵袋 WEBM知恵袋 SWF知恵袋