DDS EPS 変換 - 画像ファイルをオンラインで変換する

または
変換結果:
# 出力ファイル ソース・ファイル オペレーティング

ステップ:

1. 「FILE」或いは「URL」をクリックして、ローカルファイル或いはオンラインファイルに切り替えます。[ファイルの選択]ボタンをクリックして、コンピュータ上のファイルを選択するか、オンラインファイルのURLを入力します。ファイルサイズの制限が200 mです。

2. ターゲット画像のサイズと画像のフォーマットを選びます。原来の画像のサイズを使ってもいいです。或いは「画像サイズを変える」を選んで、画像の広さと高さを入力してもいいです。フォーマットが「広さ」x「高さ」です。例えば、1920x1080。ターゲットフォーマットを選びます。ターゲットフォーマットがJPGPNGTIFFGIFBMPPSPSDWEBPTGADDSEXRPNMSVGまたはHEICなどでもいいです。

3. 「今すぐ変換」をクリックして変換し始めます。もし、変換が失敗したら、この変換器が自動的に他のサーバーに変えて、リトライ提出するのでしばらくお待ちください。出力ファイルは「変換結果」セクションに表示されます。 をクリックすると、ファイルの二次元コードを表示します。或いはファイルをGoogle DriveまたはDropboxに保存します。

DDSとEPSを比較します:
DDS EPS
フルネーム Microsoft Direct Draw Surface Adobe Encapsulated PostScript
拡張子 .dds .eps, .epsf, .epsi
MIMEタイプ image/vnd.ms-dds application/post-script, application/eps, application/x-eps, image/eps, image/x-eps
開発者 マイクロソフト アドビシステムズ
種別 画像フォーマット 画像ファイル形式
前書き マイクロソフトのDirectDraw Surface(.dds)はテクスチャやキューブ(環境)マップを格納するために利用されるファイルフォーマットであり、圧縮と非圧縮の両方に対応している。これは、GPUや、プレイステーション3やXboxのような家庭用ゲーム機で利用されるDXTC圧縮データを格納できるように作られている。 Encapsulated PostScript(エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト)はPostScriptをベースとし、バウンディングボックスやプレビュー画像等の他のメディアに埋め込む際に必要な情報を補った画像ファイルフォーマット。通常は略称であるEPSの名で呼ばれる。
相関プログラム Adobe Photoshop Adobe Acrobat, Adobe Flash, Adobe Illustrator, Adobe InDesign, Adobe Photoshop
例示ファイル sample.dds sample.eps
知恵袋 DDS知恵袋 EPS知恵袋