XML HTML 変換 - オンラインでドキュメントファイルを変換する

(DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、HTML、TXT、CSV、RTF、ODT、ODS、ODP、WPS)
変換結果:
# 出力ファイル ソース・ファイル オペレーティング

ステップ:

1. 「FILE」或いは「URL」をクリックして、ローカルファイル或いはオンラインファイルに切り替えます。[ファイルの選択]ボタンをクリックして、コンピュータ上のファイルを選択するか、オンラインファイルのURLを入力します。 一種のドキュメントファイルフォーマットを一部分のターゲットフォーマットに変換できます。例えば、DOCをDOCXに変換できて、DOCをXLSXに変換できません。

2. ターゲットフォーマットを選びます。ターゲットフォーマットがPDFDOCDOCXXLSXLSXPPTPPTXHTMLTXTCSVRTFODTODSODPXPSまたはOXPSなどでもいいです。

3. 「今すぐ変換」をクリックして変換し始めます。出力ファイルは「変換結果」セクションに表示されます。 をクリックすると、ファイルの二次元コードを表示します。或いはファイルをGoogle DriveまたはDropboxに保存します。

XMLとHTMLを比較します:
XML HTML
フルネーム Extensible Markup Language Hypertext Markup Language
拡張子 .xml .html, .htm
MIMEタイプ application/xml, text/xml text/html
開発者 World Wide Web Consortium W3C & WHATWG
種別 マークアップ言語 マークアップ言語
前書き Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)は、基本的な構文規則を共通とすることで、任意の用途向けの言語に拡張することを容易としたことが特徴のマークアップ言語の総称である。一般的にXML(エックスエムエル)と略称で呼ばれる。JISによる訳語は「拡張可能なマーク付け言語」。 HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
相関プログラム Microsoft Office, OpenOffice.org, LibreOffice, Apple iWork Mozilla Firefox, Opera, Google Chrome, Internet Explorer.
例示ファイル sample.xml sample.html
知恵袋 XML知恵袋 HTML知恵袋