PAGES HTML 変換 - オンラインでドキュメントファイルを変換する

(DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、HTML、TXT、CSV、RTF、ODT、ODS、ODP、WPS)
変換結果:
# 出力ファイル ソース・ファイル オペレーティング

ステップ:

1. 「FILE」或いは「URL」をクリックして、ローカルファイル或いはオンラインファイルに切り替えます。[ファイルの選択]ボタンをクリックして、コンピュータ上のファイルを選択するか、オンラインファイルのURLを入力します。 一種のドキュメントファイルフォーマットを一部分のターゲットフォーマットに変換できます。例えば、DOCをDOCXに変換できて、DOCをXLSXに変換できません。

2. ターゲットフォーマットを選びます。ターゲットフォーマットがPDFDOCDOCXXLSXLSXPPTPPTXHTMLTXTCSVRTFODTODSODPXPSまたはOXPSなどでもいいです。

3. 「今すぐ変換」をクリックして変換し始めます。出力ファイルは「変換結果」セクションに表示されます。 をクリックすると、ファイルの二次元コードを表示します。或いはファイルをGoogle DriveまたはDropboxに保存します。

PAGESとHTMLを比較します:
PAGES HTML
フルネーム Apple Pages File Hypertext Markup Language
拡張子 .pages .html, .htm
MIMEタイプ application/x-iwork-pages-sffpages text/html
開発者 Apple Inc. W3C & WHATWG
種別 ワープロ マークアップ言語
前書き Pages(ページズ)は、アップルが開発している、macOS/iOS用のワードプロセッサ及びページレイアウトアプリケーションである。プレゼンテーションソフト「Keynote」や表計算ソフト「Numbers」と共に、オフィススイート「iWork」を構成する。 HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
相関プログラム Apple Pages, Google Docs, LibreOffice, Jumpshare Mozilla Firefox, Opera, Google Chrome, Internet Explorer.
例示ファイル sample.pages sample.html
知恵袋 PAGES知恵袋 HTML知恵袋