WEBM OPUS 変換 - オーディオファイルをオンラインで変換する

変換結果:
# 出力ファイル ソース・ファイル オペレーティング

ステップ:

1. 「FILE」或いは「URL」をクリックして、ローカルファイル或いはオンラインファイルに切り替えます。[ファイルの選択]ボタンをクリックして、コンピュータ上のファイルを選択するか、オンラインファイルのURLを入力します。ソースファイルは、ビデオ形式でもあります。ファイルサイズの制限が200 mです。

2. ターゲットフォーマットを選びます。ターゲットフォーマットがWAVWMAMP3OGGAACAUFLACM4AMKAAIFFOPUSまたはRAなどでもいいです。

3. 「今すぐ変換」をクリックして変換し始めます。1つが失敗した場合、別のサーバーを自動的に再試行します。出力ファイルは「変換結果」セクションに表示されます。 をクリックすると、ファイルの二次元コードを表示します。或いはファイルをGoogle DriveまたはDropboxに保存します。

WEBMとOPUSを比較します:
WEBM OPUS
フルネーム HTML5 video Opus Audio Format
拡張子 .webm .opus
MIMEタイプ video/webm, audio/webm audio/opus
開発者 Google IETF codec working group
種別 メディアコンテナ 音声
前書き WebM(ウェブエム)は、Googleが開発しているオープンでロイヤリティフリーな動画のコンテナフォーマット。従来のそうした映像コーデックTheoraに代わって、YouTubeに用いられるために特に映像コーデックのVP9は改良されてきた。その後続のVP10はAOMedia Video 1 (AV1) へと統合された。 Opus(オーパス)とは、IETF によって開発され、主にインターネット上でのインタラクティブな用途に合わせて作られた非可逆音声圧縮フォーマット。RFC 6716 によって標準化されたオープンフォーマットとして、リファレンス実装は3条項BSDライセンスの下で提供されている。Opusをカバーするすべての既知のソフトウェア特許は、ロイヤリティフリーの条項の下でライセンスされている。
相関プログラム VLC media player, MPlayer, K-Multimedia Player, Mozilla Firefox, Opera, Google Chrome, FFmpeg. FFmpeg, AIMP, Amarok, cmus, foobar2000, Mpxplay, MusicBee, SMplayer, VLC media player, Winamp
例示ファイル sample.webm sample.opus
知恵袋 WEBM知恵袋 OPUS知恵袋